~沖縄で石けん作りを楽しもう~ハンドメイド石けん・琉球

タグ:HSA沖縄支部

(一社)ハンドメイド石けん協会認定のソーパーを中心に
沖縄で手作り石けん生活を楽しむグループ
「ハンドメイド石けん・琉球」です。


ご覧いただきありがとうございます(^^)



毎月第3木曜日に開催している定期講座。


次回の講座は
「伊江ラムを使った手作り石けん」

IMG_6249


伊江島でしか作られない貴重なラム酒を使った
手作り石けんです^^



アルコール分を飛ばした伊江島産のラム酒を
水分量の半分に使用しています。



サトウキビからできるラム酒。
さらに色付けとして黒蜜を使用。



沖縄の特産物サトウキビをふんだんに使った
石けんとなります。


マカダミアナッツオイルとラム酒、
そして黒蜜が入っていることで
しっとりとした使用感



泡に派手さはないけど
持ちの良い細やかな泡で
優しい洗い心地の石けんです。



秋の始まりにぴったりの仕上がり



ぜひご一緒に作りましょう!



《日時》
2018年10月18日(木)
10:00~12:00
 
《場所》
那覇市緑化センター
https://www.nahashiryokukacenter.com/
 
《参加費》
材料費込 3000円
お支払は前払いとさせていただきます。
 
《お申込み》
https://reserva.be/hms2014ryukyu
 
※ご注意ください※
お友達など、複数名で御一緒に参加される場合には、
必ずお一人ずつのお参加をしていただき、
その旨備考欄にご記入ください。
 
備考欄に『2名で参加希望』等をご記入いただきましても
2名様分のお席をご用意することは出来ませんのでご注意願います。
 
《申込締め切り》
2018年10月11日(木)
 
予約お申込みをいただきました後、
2~3日中にお支払い方法等の詳細を明記したメール(info.hsaryukyu@gmail.com)を
お送りいたしますので、必ずお読みいただきご確認をよろしく願いいたします。
 
********************************
*携帯電話・PHSのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のメールアドレスの方へのお願いです。
 
パソコンメールを受信しない等、メール送信元を制限した初期設定がなされており、
こちらからのメールが届かないことがあります。
 
info.hsaryukyu@gmail.comからのメールが受信出来る設定になっているか
ご確認を必ずよろしくお願いいたします。
 
 
********************************
 
ハンドメイド石けん琉球の講座は
講師や講師アシスタントが懇切丁寧にお手伝いいたしますので、
石けん作り初めてさんやビギナーさんも石けん作りを楽しめます♪

(一社)ハンドメイド石けん協会認定のソーパーを中心に
沖縄で手作り石けん生活を楽しむグループ
「ハンドメイド石けん・琉球」です。


ご覧いただきありがとうございます(^^)



毎月第3木曜日に開催している定期講座。


9月はハイビスカスのパウダーを使った
手作り石けんを作りました。
(9月は講座の告知記事を掲載忘れてしまいました。申し訳ありません


IMG_6063


秋らしい色合いの陰陽模様デザインの石けんです。



こんな風に紙で型を作って
そこに石けんを流し込み
棒状のコンフェを入れると
素敵な陰陽模様が^^

IMG_6208

IMG_6206


IMG_6214


生地の硬さや入れ方にコツがいるものの
初めての方でも簡単にできていましたよ!



アイデアですよね^^



今回はカットした後でないと
デザインの良さがわからないのですが
最後に皆さんの作った石けんを!

FullSizeRender


手前の小さなカップは
紙を引き抜いた時に付いた生地も
有効活用するために
マーブル模様のプチ石けんを作りましたよ。



ちょっと分かりづらいですが
カットする楽しみが1ヶ月間
味わえますね〜




さて次回は
「伊江島のラム酒を使った手作り石けん」
こちらも楽しみです♪



またご案内しますね!












(一社)ハンドメイド石けん協会認定のソーパーを中心に
沖縄で手作り石けん生活を楽しむグループ
「ハンドメイド石けん・琉球」です。


ご覧いただきありがとうございます(^^)


NPO法人日本マルベリークラブ代表理事で

当(一社)ハンドメイド石けん協会顧問

でもある理学博士の原三郎先生をお招きして



蚕の繭から採れる
注目の美容成分「セリシン」の抽出実習と

桑(マルベリー)の有効性についての講習会を
開催しました。




スタートからさっそく
圧力鍋で繭を煮ます。


繭は綺麗な黄金色光っています

IMG_6128


圧力鍋で30分ほど時間をかけて
グーッとセリシン液の元を煮出します。


その間に原先生による
「セリシンとは?」についての座学。


IMG_6132

繭から抽出したセリシンは
紫外線や活性酸素による
皮膚のダメージの予防や回復に


美を求める女性には気になるキーワード
「コラーゲン」を増やしてくれるので
ふっくらとモチモチのお肌に



原先生のセリシンのお話を聞くと
市販のお化粧品よりも何倍も
魅力が溢れる天然の美容液だな〜と
改めて実感するのです。



お話を聞いている間に
繭が煮出されて
セリシン液が溶け出しているのがわかります。


IMG_6136

この黄色の液体がセリシン液です。


抽出したセリシン液を一度集めて
一旦休めます。

IMG_6140


その間に原先生を囲んで昼食会。



先生は急激な糖の上昇を防ぐために
毎食前に桑の葉のタブレットを
飲んでいるそう。


私たちもありがたく頂戴して
ランチタイムです。




ランチが終わったら
一度集めたセリシン液を
小分けして殺菌するために
再度圧力鍋へ。



殺菌のため熱処理中に
今度は桑の葉の健康効果についての
原先生の座学です。



桑の葉には様々な健康効果があり
原先生の長年の研究によると


便秘の改善・血糖値の上昇抑制・活性酸素の除去・ダイエット効果


と嬉しい健康効果が盛りだくさん。



改めて健康でいることの大切さや
野菜を食べる意味などを
理論的に学べたことで
腑に落ちたことが多くありました。



そして殺菌が終わったセリシンと
いよいよご対面!


IMG_6143
IMG_6146


こんなにたくさんのセリシン液ができました!


しっかりと殺菌したセリシン液は
開封しなければ約1年は持つそうです。



大切に使って美を磨こう



そしてやはり美は
外側からのケアだけでなく
内側からのケアが重要。


毎日の食事を意識して
美しく健康であろう
そう思った講座でした。



ご参加下さった皆さま
お忙しい中沖縄まで足を運んで下さった原先生



本当にありがとうございました。



来週は月に一度の定期講座です。



ハイビスカスの石けんを作りますよ^^




(一社)ハンドメイド石けん協会認定のソーパーを中心に
沖縄で手作り石けん生活を楽しむグループ
「ハンドメイド石けん・琉球」です。


ご覧いただきありがとうございます(^^)




(一社)ハンドメイド石けん協会沖縄支部

2018年も特別講座を開催致します!




NPO法人日本マルベリークラブ代表理事で

当(一社)ハンドメイド石けん協会顧問

でもある理学博士の原三郎先生をお招きして



蚕の繭から注目の美容成分「セリシン」の抽出実習と

桑(マルベリー)の有効性についての講習会です。



IMG_6004



当協会会員以外の一般の方もご参加いただけます。




抽出方法を知ることにより

ご自宅で気軽にセリシン液の抽出を

することが可能になります。




天然の美容成分として

注目度が上がってきているセリシン。




お化粧品にも使われ始めていて

最近ではよく目にする機会が増えました(*^o^*)




市販のセリシンを買うと

それなりのお値段ですが



自分で抽出法がわかると

お手軽なお値段で作れるのが魅力!




ぜひこの機会に

ご自分で抽出できる方法を学べる

「セリシン抽出会」に参加しませんか?



ご予約は下記のフォームからどうぞ。


↓ ↓ ↓


https://coubic.com/hsa-okinawa/170650




気になる方はお早めにお申し込み下さいね。




(一社)ハンドメイド石けん協会認定のソーパーを中心に
沖縄で手作り石けん生活を楽しむグループ
「ハンドメイド石けん・琉球」です。


ご覧いただきありがとうございます(^^)



お子様の夏休み、皆さんどうお過ごしですか?


先日、石けんで作る粘土を使って
夏休み親子ワークショップを開催しました!



夏休みの宿題に…と提出作品を作ったり
親子でワイワイ作ったり
パパママが張り切って作ってたり


皆さん、それぞれに
石けん粘土を楽しんでいました^^


IMG_5983
IMG_5984


毎年好評なこのワークショップ。


ここからは
皆さんが作った石けん粘土作品を
コラージュで一挙公開です!

IMG_5980

↑ みんなそれぞれ個性的(*´∀`*)



IMG_5981

↑ 型を抜いて飾り付けをしたり


IMG_5982
 
↑ いとこ同士で参加して
仲良く花を作ってました(*≧∀≦*)



長い時間ずっと集中して
大人もビックリな作品を作る男の子がいたり


色とりどりのカタツムリを作ってる子がいたり


いろんな模様のドーナツを作ったり


皆さんそれぞれに楽しんでいました。



今年もアッと言う間に満席になり
イベント終了前に準備した材料も無くなって
早めに店じまい。



夏休みのひと時
楽しい時間を過ごせたかな?


ご参加下さった皆さま
ありがとうございました






このページのトップヘ